« 【川崎フロンターレ】【震災復興支援】復旧した石巻線に乗って、コバルトーレ女川を観に行こう | トップページ | 【川崎フロンターレ】【震災復興支援】仙台・女川蹴球紀行(その1) ~鬼門突破のユアスタ  »

2015年4月26日 (日)

ネパール地震に対して、確実にできる支援方法

昨日ネパールで起きた地震は、2,100人以上の方が亡くなった大惨事となってしまったようだ(4/26 20:00現在)。

ネパールは小国だけど、パックパッカーには、滞在のしやすさで知られた国。総じて穏やかな国民性、ヒマラヤの麓でのんびりもできるしトレッキングも出来るので、旅行者には根強い人気がある。自分も20代の時に訪れて、アンナプルナの近くのトレッキングを楽しんだりして、現地の方のお世話になった縁もある国だ。日本政府の国際緊急援助隊や、自衛隊や赤十字なども早速支援に動き出した。

自分も何かしら支援を行いたい。
では日本にいる自分たちに何が出来るだろう?

離れているため直接の支援はできないから、いちばんシンプルなのは、現地で活動する団体を寄付で支援することだろう。

東日本大震災のときに、殆どの人が、赤十字などどこかしらの団体に寄付をしたと思う。しかし、せっかくの寄付が活かしきれないという大きな問題が発生した。いちばん支援が必要とされる人になかなか行き渡らなかったり、マージン・経費が高かったりして、結局自分がした寄付が本当に活かされたかどうか、わからず仕舞いだった人も大かったのではないだろうか。

では、どこにどういう寄付をするのが、お金が確実に活かされるのだろうか。

自分は以前国際協力のNGOで、まさに寄付集めの仕事をしていたことがあり、NGOのお金の集め方・活かし方には、勉強し実際に携わった経験がある。それをもとに言えば、国際協力のNGOが、仕事が早くてベターだと思う。

勿論、国でも赤十字でも速やかに活動を始めるけど、規模の大きい分だけ、利害関係の調整などに手間取り、小回りが利かない部分がある。

その点、国際協力のNGOは、規模は小さいけど細かいネットワークはあるから、小回りが利いて、活動が早い。民間レベルだから即決で動けるフットワークの軽さもある。自分がいたところも、既に調査を始め、災害救助犬の派遣など決定したたようだ(4/26 19:00現在)。

■特定非営利活動法人 ピースウィンズ・ジャパン
http://peace-winds.org/

ここは、ロジスティックスに強みがあり、おそらくまずは災害救助犬を使った救助活動、食料や生活物資の提供を、次いでは避難所の提供・運営などを行うと思われる。

今の段階ではとにかく人命救助が最優先だけど、時間が経つと、避難所の開設・運営や衛生管理、あるいは被災された方の心のケアなど、被災者の生命・生活の維持に関わる仕事が山のように必要になって来る。

国際協力のNGOにも、それぞれ得意分野があり、それは各団体のWEBサイトを見ればだいたいわかる。正直NGOにもいろいろあり、それは人間関係と一緒で、相性の合う・合わないはあるから、自分と相性と合いそうな団体を見つければいい。WEBでの情報提供の仕方なり、電話して直接話を聞いてみたときの感じの良し悪しなり、とにかく、自分で寄付先の団体のことをちゃんと調べたうえで寄付することをお勧めします。

国際協力のNGOへの寄付には、金銭的なメリットもある。

寄付先が認定NPOなら、寄付額から2,000円を引いた40%が、確定申告をすれば還付される。大事なお金が寄付で活かされたうえに、約4割自分にも戻るのだから、この制度を活かさない手はない。自分もここ数年確定申告し、泊まり掛けアウェイ遠征1回分くらいの還付金を得ている。確定申告も慣れると意外とすんなりできるもので、面倒でもない。

■国税庁 認定NPO法人等寄附金特別控除
https://www.nta.go.jp/taxanswer/shotoku/1263.htm
■内閣府 認定・仮認定NPO法人名簿
https://www.npo-homepage.go.jp/about/houjin-info/shokatsunintei-meibo

それでも、寄付先を決めかねる人は、赤十字やユニセフ、医療の「国境なき医師団」などの規模の大きいところがいいだろう。ヤフーも寄付額と同額をヤフーも寄付するかたちでの寄付の受付を開始している。溜まったTポイントも使えるらしい。ヤフーでは還付はないけれど。

■ヤフージャパン 【寄付が2倍】ネパール 地震被害緊急支援募金
http://donation.yahoo.co.jp/detail/1630016/

寄付は身近で、とてもいい支援の方法。だからこそ、何となくじゃなくて、自分のアタマで判断したうえで、自分のお金がちゃんと活かされる方法を選びたい。

今回の地震で亡くなられた方たちのご冥福をお祈りすると共に、被災された方たちが一刻も早く普通の日常生活を取り戻せるよう、ささやかながら日本の地から協力をさせていただきます。

願わくば、このブログをご覧いただいた方に支援の輪が広がらんことを。

« 【川崎フロンターレ】【震災復興支援】復旧した石巻線に乗って、コバルトーレ女川を観に行こう | トップページ | 【川崎フロンターレ】【震災復興支援】仙台・女川蹴球紀行(その1) ~鬼門突破のユアスタ  »

3.11震災関連」カテゴリの記事

コメント

寄付したいなと思ってどこにしようかと思っていたところでした。
参考にさせていただきます。

くぴねん様
寄付が活かされないのは東日本大震災で問題になったことですが、結構忘れ去られているように思うのです。せっかく寄付するのだから、活かされて皆が「寄付して良かった!」と思えるようになればと思って書きました。
参考になれば幸いです。

早速、ピースウィンズ・ジャパンに寄付しました。定年退職して7年目で、年金生活をしており、生活費に余裕はありませんが、少しでもお役にたてればと思います。

村川 精二郎 様

書き込み、そして私の縁がある団体への支援、ありがとうございます。
NGOも本当に沢山あり特徴も様々なので、寄付先をどこにすればいいのか迷うのも当然だと思うので、少しでも参考になればと思って書きました。

ピースウィンズは今回も動き出しが早かったし、自前の災害救助犬2頭が既に活動をしていますし、情報を追う限りではフットワークよく活動しているようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1506196/59782915

この記事へのトラックバック一覧です: ネパール地震に対して、確実にできる支援方法:

» えっ!? 名護ちゃんも? [Live@LIFE]
番組改編ってやつなんだー。そんな気分の3月下旬。ラジオが最近ノイズ入るようになって、片付けの時や引越のときに落としたりしたからかな?と思っていて、ブログの記事になんか書いてたっけー。と検索してみたら#8601;実はけっこう使ってきて年季入ってたんだなーと気が付きました。 「FMアンテナを設置してみました」という記事を書いていたようだけど、その窓辺に設置したアンテナから引き込んだケーブルを接続してラジオを聞いていたのは「ICZ-R50」ソニーの予約録音可能なタイプ。 その当時いろ... [続きを読む]

« 【川崎フロンターレ】【震災復興支援】復旧した石巻線に乗って、コバルトーレ女川を観に行こう | トップページ | 【川崎フロンターレ】【震災復興支援】仙台・女川蹴球紀行(その1) ~鬼門突破のユアスタ  »

2017年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

最近のトラックバック

無料ブログはココログ